ビットコイン等の仮想通貨・暗号通貨は、
通貨自体を流通させる最初に「マイニング(採掘)」作業を経て、
その通貨の部分自体が市場に登場していきます。

仮想通貨・暗号通貨が市場に登場する為には、
誰かがマイニング(採掘)作業をやる必要があるわけです。

マイニング作業は通常のパソコンを使って誰でもやることはできて、
ビットコインやオルトコインを採掘して得ることはできます。

仮想通貨マイニング
仮想通貨・暗号通貨の流通量は、誰かがやってるマイニング(採掘)により増えていきます。

2017年6月現在、
ビットコイン等の仮想通貨価格も流通量も、どんどん上昇しています。

「誰でもできるなら、マイニングやってビットコイン稼げばいいじゃないか!」

こう思うのが人情ってとこです。

高いお金を出してビットコインやオルトコインを購入するよりも、
リスク無く自分の手持ちのパソコンでマイニングしてビットコインが増えれば素敵です。

なんですが…

なかなかそう簡単にもいかないのが厳しい現実。

今回は、仮想通貨・暗号通貨を見ているとよく耳にする
「マイニング(採掘)」に関して解説していきます。

仮想通貨マイニング(採掘)の仕組みと状況

仮想通貨・暗号通貨の総流通量を増やしていくには、
パソコンを使ってマイニング(採掘)作業をしていきます。

ビットコインの場合でその仕組みを解説すると、
ビットコインは全取引記録を取引台帳データに記録をしていくのですが、
その記録処理の為に膨大なコンピュータ上の計算量が必要となります。

この膨大な追記作業に有志として協力することで、
追記処理を成功させた場合に、報酬としてビットコインが支払われます。

ビットコインの取引記録が追記更新されていくごとに、
新たなビットコインが発行されていく、という仕組みです。

ビットコインマイニング仕組み
ビットコインのマイニングに関しては、上記のような感じの仕組みです。

「パソコンの稼働を提供するだけで、ビットコインがもらえておいしい!」

こういう風な印象が浮かんでくるのですが、
なかなかそう簡単にもいかないのが厳しい現実。(今日2度目)

2017年6月現在で既にかなりの量のビットコインは採掘されており、
採掘されればされるほど半減期等のルールにより、
採掘量が減っていく仕組みになっています。

パソコンを使ったマイニングにも、コストがかかります。

マイニングしてビットコイン報酬を得ても、利益がでない可能性もあります。

ビットコインのマイニング作業は、本当の途方もないデータ処理量が必要です。

しかもその追記処理が成功した際に得られるビットコイン量は、
2017年6月現在はそこまで多いものでは無いと言えます。

仮想通貨のマイニング作業も、計画的に行うことが重要です。

ビットコイン・マイナーとは?

ビットコイン及び仮想通貨のマイニングをおこなう人及び団体を「マイナー」と呼びます。

マイナーとは、マイニングをする人という意味になります。

ビットコイン・マイナーは膨大な高性能パソコンを用い、
マイニング作業によりブロックチェーンを更新し続けていくことで、
ビットコインをマイニング報酬として得ることができるとともに、
ビットコインのセキュリティを管理しているわけです。

ビットコインマイニングの中身

ビットコインの取引で生じる取引承認(第三者承認)をしていき、
ブロックチェーンを書き換えることでビットコインマイニングはできていきます。

そのマイニングの中身とは、
2000桁英数字の因数分解を使った暗号の解読をしていくことで成立します。

それを一番早く成立させたマイナーに、報酬としてビットコインが支払われるわけです。

その計算には、莫大なパソコンの処理機能と電気代がかかる、というわけです。

ビットコインの1ブロックの暗号を解読して処理すると、
2017年6月現在で、12.5ビットコインとチップがマイナーに支払われます。
(報酬額は半減期が来たら半減していきます)

ビットコインは10分間で1ブロック更新されていくので、1日に144ブロックが作成されます。

この144回のブロック更新で、一番早く解読を成功させることで報酬を得れます。

マイナーは1日の中で、
144回ビットコインマイニングの報酬を得られるチャンスがあるということです。

ビットコインマイニングの現状

ビットコインは2017年6月現在で、かなりマイニングされまくっている現状です。

世界中でビットコインはマイニングされまくっており、
海外ではマイニングで大儲けをしようとビジネスした結果、
大失敗して倒産した例もあるそうです。

以下は現実に行われているビットコインマイニング工場の様子です。(画像クリックで拡大)
ビットコインマイニング工場
45000台のパソコンを並べて同時に走られてマイニングしています。
(こちらは2015年の情報です)

これだけの規模でビットコインマイニングをしていたら、
パソコンと施設と管理する人件費等の経費もかなりのものが計上されます。

また、以下は中国某所のビットコインマイニング工場とのこと。(2014年の情報)
中国ビットコインマイニング
こちらは毎月の電気代が660万円程度になるそうです。

引用参照:Gigazinの記事

中国は気温が低い場所も多く電気代も安いので、
仮想通貨マイニングに適した土地と言えます。

これくらいの規模でビットコインのマイニングは行われており、
逆に言うと、これくらいの規模以上のことをしないと厳しいと言えるでしょう。

オルトコインのマイニング

ビットコインのマイニングがかなりな状況なのに対して、
様々な種類があるオルトコイン(アルトコイン)は、
モノによってはマイニングで大きな利益を出すことも狙える状況ではあります。

新興で注目される可能性があるオルトコインが登場し、
いち早くマイニングしていく体制を得られた場合等に可能性が生じます。

オルトコインはビットコインの仕組みを基本にしたもので、
誰でも新しいオルトコインを作成することができます。

なので、
今後伸びていくであろうオルトコインに出会えてマイニングできれば、
あるいは大きな利益を得られる可能性もあるというわけです。

仮想通貨(ビットコイン)マイニングの実際の手順

仮想通貨のマイニング(採掘)のやり方は、基本的なベースは同じです。

取引記録の追記作業を協力した有志に対し、
マイニング報酬がプログラムによって渡されます。

ビットコイン以外のオルトコインは、
例えばコイン発行上限が無かったりそれぞれ違った特徴があります。

仮想通貨マイニング手順

こちらではビットコインのマイニング手順を記載します。

  1. ビットコインのマイニング用ツールを手に入れる
  2. ビットコインをマイニングするには、専用のツールを手に入れて設定します。
    インターネット上で無料で手に入れられます。

    以下のようなツールがビットコインマイニングで利用できます。

  3. マイニングツールを設定する
  4. Bitcoin core等のソフトをダウンロードしてパソコン上で使用します。
    設定はその他の一般的なパソコンソフト(アプリケーション)と同様です。

  5. パソコンを起動させてマイングをやり続ける
  6. 設定ができたら、マイニングソフトを延々と起動させ続けていきます。

パソコンを延々マイニング操作させることで、
ビットコイン等の採掘作業は自動で進んではいきます。

ただ、
実際に追記処理を成功させて報酬としてビットコインが支払われるには、
相当な量のデータ処理が必要となります。

一定の処理量まで達しないと、
報酬のビットコインも支払われないので注意です。

仮想通貨マイニング作業における注意点

マイニング作業には、莫大なパソコン処理能力が必要になります。

いわゆるパソコンの処理部分「CPU」ではマックスレベルのものが推奨されます。
(そりゃそうですが)

処理能力が低いパソコンだと、それだけ時間もかかります。

情報処理作業を強力に稼働させていると、
パソコンの稼働に必要な電気量も激増します。

また、
ビットコインマイニング専用のパソコンツール等も登場しています。

こういった設備の初期投資が必要になるし、
パソコンを情報処理で稼働し続けることに係る電気代もバカ高いです。

ビットコインのマイニングで利益をだしていくには、
個人で今から参入するのはかなり厳しいというのが一般的な認識です。

以下の記事等は、実際にビットコインマイニングを実験した様子が解説されています。

参照:ビットコイン採掘で本当に利益が出せるのか実際にやってみた

日本でマイニングをすると

上記の参照記事でもわかるように、日本でこれからマイニングで利益を出すのは大変です。

ビットコインマイニングに適した高性能パソコン価格は大体40万円程度とされていて、
日本で1台の高性能パソコンを稼動させた場合、
冷却費も含めて1日でウン万円の電気代がかかるとされています。

そういった事情もあり、
気温が低い国だったり、電気代が安い国でマイニングされることが多いです。

マイニングで利益をだすには

仮想通貨のマイニングで利益をだしていくには、
専用のハイスペックパソコンを設備投資していく必要があり、
また、運用していく為の電気代コストも計算していく必要があります。

ビットコインのマイニングは巨大化してきた側面があるので、
2017年6月現在ではクラウドマイニング(プールマイニング)という
多数のユーザーが協力して、パソコンをネット接続してチームでマイニングする方法もあります。

また、
世界的にも価格が上昇して競合多数のビットコインよりも、
これから注目されていくであろうオルトコインのマイニングにも可能性があります。

オルトコインも既に市場公開されて注目されていて、
マイニング難易度が上がっているものもあれば、
まだ市場公開前でマイニングしやすいものもあります。

オルトコインのものによっては、
今後注目されずに廃れていくリスクも高いことを認識しておく必要があります。

まとめ:マイニングで利益を出すのは大変

仮想通貨のマイニングは、オルトコインのマイナーなものなら可能性があるけども、
全く注目されずにくたびれもうけになるリスクも高いです。

ビットコインのマイニング作業は、2017年現在既に競合多数で難しい状況で、
新規参入してもなかなか利益を出すのが難しいと予想できます。

とはいえ、
マイニングする有志がいなくなったら、
ビットコインのブロックチェーン追記更新記録が途絶えるのではないでしょうか??

ビットコインは既に注目されている通貨なので、
マイニングするユーザーがいなくなることは無いと思いますが、
オルトコインのマイナー通貨種類だと、けっこう多数起こりうると思います。

そのようにして仮想通貨の需要と供給のバランスがとられて、
需要のある通貨だけが残っていくのではないか、と思います。