ビットコイン及び仮想通貨の専門用語として、
「トランザクション」(transaction) という言葉があります。

直訳すると「取引」となります。

また、
「コンピュータ システムにおける、永続的なデータに対する不可分な一連の処理」を指します。

ビットコイン及び仮想通貨関連でのトランザクションを使う際には、
この「取引」という意味で言葉を捉えてよいと思います。

トランザクションビットコイン
「トランザクション」という言葉自体は、情報処理関連の用語となります。

銀行間取引等の際にも、トランザクションという用語が使われています。

データを集めて管理しているデータベース上でトランザクション処理は実行され、
送り手と受け手の両方によっての取引を指します。

ビットコイン及び仮想通貨でのトランザクション定義

ビットコイン及び仮想通貨のトランザクション(取引)は、
複数の支払元(送り手)と複数の支払先(受け手)によって成り立ちます。

ビットコインのトランザクションの場合、
支払元(送り手)は秘密鍵によって署名する必要があります。

支払元(送り手)の送金合計数量と支払先(受け手)の受け取り合計数量の金額差が送金手数料となります。

送金手数料は、ビットコインの1ブロック生成時にマイナー(マイニングしたユーザー)に渡されます。

ビットコイン送金のトランザクションには、
支払元(送り手)の情報には送金するビットコインを入手した履歴と
送金先(受け手)のどの部分に送るかの情報のみ記載されています。

これらをトランザクション処理していくには、
莫大な数のデータの中から、該当するものを探して処理していく手間がかかります。

この部分をマイナーが情報処理し、報酬と送金手数料を受け取っていきます。

トランザクション文中での使用例

ビットコイン及び仮想通貨において「トランザクション」は以下のようなケースで使われます。

「ビットコイン送金のトランザクションをマイナー処理する」
トランザクション(取引)をマイニングして処理していく流れ。

「ビットコイン送金のトランザクションが、送金手数料が少なくて処理されていない。(遅延している)」
トランザクション(取引)は、遅延することもあります。

「お願い、私にトランザクションしてね」
トランザクション(取引)を一方的に懇願している。(お願い)

トランザクション自体が情報処理分野の専門用語であるので、
ビットコイン及び仮想通貨取引でも1つの行動リクエストとして使われます。

簡単に言うと「取引行為」自体を指すと思いますが、
カタカナ横文字だとややこしい印象になりがちかもしれないですね。

ビットコイン侍ビットコイン侍

「トランザクション」は、仮想通貨取引の1つの行動リクエストを指すと思っていいような気がします。

トランザクションとは?まとめ

ビットコイン及び仮想通貨分野は専門用語のオンパレードです。

トランザクションも簡単に言うと日本語でシンプルにできると思いますが、
2017年7月現在、分野の全貌を把握しているユーザーが少ないこともあり、
専門家が難しく言葉を使うままに広まっている印象があります。

そんなこともあり、
トランザクション処理をしっかりとビットコイン取引でもできるように、
taxinとtaxoutの関係性の中でビットコインデーモンを新たに作成していきます。
(自分で書いててわけわからないですが…)

まぁ、トランザクションは取引行動の注文だと思っておけばよいと思います。