仮想通貨・暗号通貨の人気銘柄は急騰した値動きがあることから、
値上がりを期待した現物投資・投機の対象として注目されています。

実際にビットコインやイーサリアム、リップルなどの価格急上昇により、
安価で購入したユーザーは大きな金銭的利益を得た方も実在します。

そういった投資・投機目的での注目を集める仮想通貨ですが、
仮想通貨を投資家より資金として集めて、
高利回りのビジネスや投資で運用して投資家に高配当する仕組み
があります。

それを「HYIP(ハイプ)」と呼びます。

hyip
HYIP(ハイプ)に関しては、しっかりと仕組みと現状を理解したうえで利用すべきです。

ビットコイン等の仮想通貨を資金として業者に預けてしまうので、
きちんと高配当が定期的にされていき、元本分が回収できてしまえばいいのですが、
運用業者が破綻して退散してしまい、資金が戻らないケースもままあります。

HYIPの仕組みは今後も展開されていくと思いますが、
参入するのであれば、リスクを理解した上で資金管理をしていきます。

HYIPの内容を解説していきます。

HYIP(ハイプ)とは?

HYIP(ハイプ)とは、
「High Yield Investment Program」の略称として頭文字を取ったもので、
直訳での高収益投資プログラムという意味からもわかるように、
仮想通貨での資金提供を前提とした高配当条件の投資・投機案件を指します。

hyipハイプ案件
仮想通貨自体が投資媒体として注目されていることもあり、
HYIPは仮想通貨・暗号通貨の普及とともに一気に広まってきました。

投資家が資金を預けたHYIP媒体は、
株式、外国為替、ブックメーカー、カジノ、等の投資・ギャンブル案件だったり、
高利回りが期待できるスモールビジネスに資金投資していき、
その収益部分を投資家に高配当していく、という仕組みをとります。

日利1%等の高配当がHYIPシステムの基本ベースになります。

以下は、2017年6月現在で知名度が高いHYIP媒体です。

  • ビットリージョン
  • D9 CLUB
  • ビットモンスター
  • リッチモンドバークス(Richmond Berks)
  • X-Binary(エックスバイナリー)(終了案件)

HYIP案件の中には、すでに出金ができずに終了してしまったものもあります。

きちんと資金を運用しているHYIP案件もあれば、
資金を集めてそのまま破綻宣告して逃げちゃうような印象の媒体もあります。
(実際の内部運用状況はわからないので、あくまで印象・予想)

HYIPで大きく稼ぐユーザーがいる一方、
破綻して閉鎖したHYIPから資金が出金できずに悲しむユーザーも現実的に存在しています。

HYIPの仕組みと媒体種類

HYIPの仕組みは、以下の図の感じとなります。

以下、画像クリックで拡大できます。(頑張って図をつくりました)
HYIPの仕組み
HYIPの仕組みは、HYIP運営(胴元)と投資家ユーザー、投資先案件で成り立っています。
投資家ユーザーは、HYIPに対して仮想通貨を購入して提供していきます。

HYIP運営側胴元は更なる集客として、投資家ユーザーにMLMの仕組みを利用してユーザー誘導を喚起します。

以下のような相互関係です。

HYIP運営側(胴元)の動き
  1. HYIP運営胴元が投資家ユーザーを第一次集客する
  2. 高配当・高利回りを前提に投資家を集めます。
    セミナーやパーティー等を開催して宣伝する場合があります。

  3. HYIP運営胴元は、集めた資金を高利のビジネスや投資・投機で運用
  4. 資金を使ってビジネスや投資案件等で増やし、投資家ユーザーに配当をしていきます。
    この資金運用の過去実績と企業規模が注目されるべき部分です。

  5. 投資家ユーザーに約束通りの高配当を分配
  6. 事前の約束通り、投資家ユーザーに配当金を分配します。

    定期的に配当金が分配されるとしているHYIPが多いので、
    継続的に配当され続けられるかどうかがポイントになります。

投資家ユーザーの動き
  • HYIPに参加
  • 仮想通貨をHYIP運営側に投資することで参加します。
    高配当を期待します。

  • MLMの仕組みを利用して更なる投資家ユーザーを勧誘
  • 多くのHYIPはMLM(マルチレベルマーケティング・ネットワークビジネス)の仕組みを採用しています。
    投資家ユーザーが更なるユーザーを勧誘して紹介することで、
    紹介報酬を受け取ることができます。

  • 配当と紹介報酬を受けとる
  • HYIPの運営が健全にうまくいくことで、継続的に配当を受け取ります。
    また、ユーザー紹介がある場合は紹介報酬も受け取ります。

多くのHYIPは、MLM(マルチレベルマーケティング・ネットワークビジネス)の仕組みを利用して、
更なる投資家ユーザーを集客して資金集めをしていることが多いです。

HYIPはMLMの仕組みで紹介者を増やして、集金していきます。
HYIPのMLM
HYIPは資金を集め続けることで、規模を大きくしていきます。
その為に海外では知名度の高いMLMシステムを採用している場合が多いです。

日本でのMLMは特にネガティブイメージが先行していますが、
海外では一定の評価がされているビジネスモデルとされています。

元本消却型と元本保証型

HYIPが投資家ユーザーに配当をしていく仕組みの中で、
投資元本消却型と元本保証型の2種類に分けられるとされています。

  • 投資元本消却型
  • 元本返金と報酬利益が同時に行われるタイプ。
    初期投資額の150%など、規定の金額に達するまで配当される。
    規定金額に達したら配当終了。

    元本保証型に対して配当が高い場合が多い。

  • 投資元本保証型
  • 初期投資金額とは別に、投資金額の1%等の規定で報酬配当されるタイプ。
    HYIP運用が終了した満期の後に、初期投資金額が返還される前提。

現状のHYIPでは元本消却型が多い状況です。

MLM的な意味あいが示すもの

HYIPが投資家集客にMLMシステムを採用している意味あいとしては、
HYIPの特色自体が投資・投機的な意味合いが顕著という部分があります。

MLMは「ともにビジネスをする仲間を増やす」システムであることから、
仮想通貨をきっかけにした投資案件実践を共有するという意味になります。

人間が一番シンプルに行動の動機としやすいものとして、
「稼げるから」「お金になるから」という部分があります。

HYIP自体が投資・投機の案件であると共に、
MLMで勧誘紹介するユーザーも紹介される方も、
投資・投機的な認識をもって実践していく必要があります。

リスクがあるということです。

HYIPトラブルとポンジスキーム・SCAM

2017年6月現在で既に、
HYIPはリスクが高い仮想通貨を使った投機とも言われています。

これは、投資家ユーザーより集められるだけ資金を集めて、
資金運用が破綻したり失敗したり、
そもそも資金運用をしてない疑惑すら持たれたうえで、
HYIP口座から投資家ユーザーが出金及び着金ができなくなり、
挙句の果てにはHYIP運営側のサイトやサービスが消滅して逃げてしまうという、
いわゆる「PONZI」「SCAM」と呼ばれる案件が多発したことからです。

最初から資金運用しないで、投資家からお金だけ集めて逃げちゃおうとする詐欺まがいの案件を、
「PONZI SCHEME(ポンジスキーム)」「SCAM(スカム)」と呼びます。

こういったHYIPトラブルになる場合は、
HYIP側も当初は配当もあったり出金できたりすることが多く、
投資家が多数集まってきた頃合いに出金及び着金できなくなるが場合が多いです。

当然出金及び着金できなくて、投資資金の損失を被る投資家が多発します。

こういったHYIPにまつわる出金及び配当トラブルが多発していますが、
そのすべてがポンジスキーム・SCAMかどうかは明確に判断できない状況です。

実際には資金運用されていたかもしれないですし、
今後サービス状況を変更して復活する可能性も0ではなかったりするからですが。

ただ、
このようなHYIPトラブルは後を絶たない現状なので、
そういったリスクをしっかりと理解したうえで対応していきます。

仮想通貨のイメージは、様々な要素がごちゃ混ぜ状況

仮想通貨及びビットコインでの大きなネガティブ事例といえば、
2014年のマウントゴックス社(株式会社MTGOX)の事件があります。

ビットコインの取引所(交換所)として運営していた同社は、
2011年頃よりハッキング被害を受けており、
2014年についに74万枚以上のビットコインを損失したことにより、破産。

マウントゴックス社にビットコインの運用を任せていた投資家が、大きな損失を受けました。

マウントゴックス事件は、基本的にはハッキング被害が拡大したもので、
根本的に資金運用をしない(と疑われる)ポンジスキーム的なHYIP案件とは別物と考えられます。

また、
同社をビットコイン取引所としてだけ利用していたユーザーは、
特に日本円やビットコインを預けていたわけでないので、
この事件による実害被害は無いとされています。

こういった様々な部分からの事件がある中で、
仮想通貨自体がまだまだ世間の認知度と浸透度が低いこともあり、
仮想通貨自体の評価と事件の内容がごっちゃになっている現状もあります。

きちんとリスクを正しく理解していくことが重要と言えるでしょう。

HYIPで稼ぐには?現状と今後

HYIPは仮想通貨の可能性を投資・投機的に追求した案件になります。

現状では早期参入して投資と紹介で売り逃げした投資家が利益を得て、
遅れて参入して逃げそこなってHYIPが閉じて損害を受ける投資家に分かれている状況です。

きちんと資金運用しているHYIP案件情報を見つけ、
実践していくことが稼ぐための必須条件と言えます。

また、無理に手を出さないことも重要です。

今後HYIP案件も更なる動きがドンドンあると思いますので、
当サイトでも状況を更新していきたいと思います。