仮想通貨(暗号通貨)取引所は、
ビットコイン・アルトコインを購入したり送金したりする営業所です。

2017年8月現在、既存大手の仮想通貨取引所をはじめとして、
新興の取引所もどんどん作られてきている状況です。

仮想通貨取引所まとめ
仮想通貨取引所には、それぞれ取り扱い仮想通貨種類も若干違いがあったり、
仮想通貨売買の取引手数料(スプレッド)にも違いがあったりします。

また、日本法人が運営している取引所もあれば、
海外法人が運営していて日本語対応していない仮想通貨取引所もあります。

当ページでは、利用するに値すると思える仮想通貨取引所をまとめていきます。

仮想通貨・暗号通貨取引所まとめ

仮想通貨取引所は、本社所在地の国だったり運営母体によりけりで
日本語対応していなかったりもします。

また、様々な部分で違いがありますので、重々確認しながら利用していかれてください。

  • ビットフライヤー(bitFlyer)
  • ビットフライヤー
    日本法人(2014年1月設立。GMO、リクルートなど大手から資金調達)
    ビットコイン取引量日本一を謳う。
    イメージキャラクターにタレント(成海璃子)を起用するなどやる気マンマン。

    • 現物取引手数料:0.01~0.15%
    • 信用取引:最大レバレッジ15倍
    • 先物取引:最大レバレッジ15倍
  • コインチェック(coincheck)
  • コインチェック
    日本法人。
    (storys.jpというWebメディアを運営していた企業が、2014年8月仮想通貨取引所に参入)
    ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所を謳う
    (※Bitcoin日本語情報サイト調べ(2017年5-6月 日本の月間BTC現物取引高))

    • 現物取引手数料:0%
    • 信用取引:最大レバレッジ5倍
    • 先物取引:取り扱い無し
  • GMOコイン
  • GMOコイン
    投資関連業者としても、それ以外のジャンルでも国内大手のGMOの仮想通貨取引所。
    日本法人の大手GMOということで、安心感があります。

    • 現物取引手数料:0%
    • 信用取引:最大レバレッジ25倍
    • 先物取引:最大レバレッジ25倍
  • ビットバンクトレード(bitbankTrade)
  • ビットバンクトレード
    日本法人で日本語対応OK(2014年5月に設立)
    2015年7月に世界最大級の取引量を持つとされる中国仮想通貨取引所OKCoinと提携

    ビットコインをはじめとする仮想通貨のトレードに特化している。
    ロウソク足チャートが表示されて、デイトレードに適している。

    取り扱い仮想通貨は、ビットコイン、リップル、イーサリアム等中心で多くない。
    今後の取り扱い通貨拡充に期待。

  • ザイフ(Zaif)
  • zaifザイフ仮想通貨取引所
    日本法人。
    取引手数料マイナス0.01%を謳う

    • 現物取引手数料:-0.01%
    • 信用取引:最大レバレッジ7.77倍
    • 先物取引:最大25倍
  • ポロニエックス(Poloniex)
  • ポロニエックス(Poloniex)
    日本語未対応(2017年8月現在)
    世界最大のアメリカにある仮想通貨取引所。取引量も多い。
    アルトコインは円で直接買えないので、まずビットコインを購入してから買う。

  • QUOINEX
  • QUOINEX
    日本語対応済み。昨今の安定性を誇る取引所。
    世界3カ所を中心としたグローバルな仮想通貨取引所。
    シンガポールで設立後、日本に本拠地移転。千代田区が所在地。

    • 各種取引手数料が0円
    • 業界最狭の実効スプレッド
    • 業界最多の通貨ペア数
    • 信用取引:最大レバレッジ25倍
  • Btcbox
  • btcbox
    日本法人が運営。
    BTCボックス株式会社(本社所在地:東京都中央区京橋1−6−6 ハラダビル4階)
    取引手数料0をトップにドーンと。

  • Lemuria(レムリア)
  • レムリア
    日本語対応済み。
    バイクリメンツ株式会社が運営
    (本社所在地:東京都港区西麻布3-1-25 金谷ホテルマンション 601)

    • 現物取引手数料:0%
    • 信用取引:対応無し
    • 先物取引:対応無し
  • bittrex
  • bittrex
    日本語対応無し。
    海外法人(アメリカが本社所在地)
    取り扱い通貨の種類と、低スプレッドが魅力。
    デイトレードに向いている。

  • Money365
  • money365
    日本語対応済み。カレンシーポート株式会社により運営

    • 現物取引手数料:0.2%
    • 信用取引:対応無し
    • 先物取引:対応無し
  • BITPoint(ビットポイント)
  • ビットポイント
    日本語対応済み
    FXトレード対応可能(MT4対応有り)
    QUOINEXと提携している。

    • 現物取引手数料:0%
    • 信用取引:最大レバレッジ25倍
    • 先物取引:対応無し
  • みんなのビットコイン
  • みんなでビットコイン
    日本語対応OK(日本法人が運営)
    「みんなの~~」シリーズのトレイダーズ証券関連の会社が運営しています。
    QUOINEXと提携。

    • 現物取引手数料:0%
    • 信用取引:最大レバレッジ25倍
    • 先物取引:対応無し
  • Fisco(フィスコ)
  • fisco
    Zaifと提携している。

  • FIREX
  • firex
    クラウドファンディングの株式会社CAMPFIREが運営元。
    Zaifと提携している。

  • Z.comコイン by GMO

  • 日本ご対応済み。日本法人。
    FX業者等でも有名なGMOの仮想通貨取引所。

    • 現物取引手数料:0%
    • 信用取引:最大レバレッジ5倍
    • 先物取引:対応無し
  • Kraken(クラーケン)
  • kraken

    日本語対応OK(海外法人:2011年7月アメリカカリフォルニアで設立。2014年10月日本進出)
    世界最大のユーロ-ビットコインの取引出来高を持つ取引所

    • 現物取引手数料:0~0.26%%
    • 信用取引:対応無し
    • 先物取引:対応無し
  • Bitstamp
  • Bitstamp
    日本語未対応(イギリス本拠地)
    世界最大級のドルBTC取引所

  • BTCC(BTCCHAINA.com)
  • btcchaina.com
    日本語非対応(中国本拠地)
    中国三大取引所のひとつ(人民元-BTC)

  • OKCoin
  • okcoin
    日本語非対応(中国本拠地)
    中国三大取引所のひとつ(人民元-BTC)

  • huobi
  • huobi
    日本語非対応(中国本拠地)
    中国三大取引所のひとつ(人民元-BTC)

  • Bitfinex
  • Bitfinex
    日本語非対応
    BTCの信用取引で有名

  • Mt.Gox(マウントゴックス)
  • マウントゴックス
    (2014年に閉鎖済み)ビットコイン盗難事件(マウントゴックス事件)を起こす。
    かつては日本を拠点とする世界最大規模のビットコイン交換所として活動。

  • VirWoX
  • VirWoX
    日本語非対応
    カード決済・paypal決済が可能な仮想通貨取引所

  • LocalBitcoins.com
  • LocalBitcoins.com
    日本語非対応
    個人間取引に特化した仮想通貨取引所

などなど…

2017年現在、仮想通貨取引所は更にドンドン増えている状況です。
状況に合わせて更新追記していきます。

仮想通貨取引所の仕組み

仮想通貨取引所は、ビットコインやアルトコインを購入・売却する取引所となります。
(仮想通貨取引所と販売所がありますが、取引所の方が利用頻度高い状況です)

仮想通貨取引所は基本的に、
買い手と売り手がそれぞれ希望額を提示していく
オーダーブック方式(オークション)が採用されていましたが、
2017年8月現在は取引所が提示する市場価格で取引するのが主流となりました。

仮想通貨取引所仕組み

仮想通貨取引所は、
我々が仮想通貨を取引する際の「交換手数料」「スプレッド」で利益をあげています。

また、
取引所自体がビットコインやアルトコイン等の投資運用して利益をあげていると予想できます。
(この点は銀行等の資産運用と同様に考えられる)

仮想通貨取引所の使い方

仮想通貨取引所の使い方は、以下の流れとなります。

  1. 各仮想通貨取引所にアカウント登録する
  2. 各取引所の公式ページよりアカウント登録していきます。
    その際に、「本人確認書類」(免許証・保険証)等が必要になります。
    アカウント開設は、WEB上で作業できます。

  3. 取引所でビットコイン・アルトコインを購入する
  4. 取引所によって取り扱い通貨が異なります。

    日本円で直接入金できない取引所もあるので、
    その場合には日本円の取り扱いある取引所でビットコインを購入後に、
    利用先の取引所に送金したりします。

  5. 取引所の使い方に慣れていく
  6. 段々慣れていくはずです。
    二段階ログイン等のセキュリティ設定もしっかりとやっておきます。

  7. ビットコイン・アルトコインをウォレットで管理する
  8. 取引したビットコイン・アルトコインは、取引所にそのまま置いておいてもいいのですが、
    長期間の保管となるとセキュリティ上ウォレットに移動して管理した方がよいです。

    ウォレットはインターネット接続から切り離して保管するのがベストです。

仮想通貨取引所使い方

仮想通貨取引所のアカウント開設に関しては、
2017年8月現在は特別難しいことなく開設できています。

今後、法令上の変更などで変わっていく可能性があります。

早めにアカウント開設して状況を把握していくのがベターだと思います。

2017年現在の仮想通貨取引所状況

仮想通貨取引所は、かつてのマウントゴックス事件等もあったり、
現在もハッキングアタックされていたりすることもしばしばあったりで、
セキュリティ上の心配がされていたりもします。

コインチェックやビットフライヤーの日本主要取引所では、100万円までの保証はしてくれます。

セキュリティ上の部分からも、
できるだけ知名度と規模の大きい仮想通貨取引所を利用する方がベターです。

日本でこれからやっていくのであれば、以下の取引所をまず使っていくのがおすすめです。

それ以外の取引所は、目的(現物仕込み・デイトレード等)にあわせて利用を検討していきます。

また、
仮想通貨取引所(両替所)とウォレットと混同してしまう場合もありますが、
ビットコイン・アルトコインは取引所(両替所)に長期間保管しておくべきではありません。

ビットコイン・アルトコイン保管の為に、ウォレットを使っていきます。

保管をするための安全な手段としては、
ハードウォレット・ブロックチェーンウォレットが良いと思います。