こちらの記事は、仮想通貨(暗号通貨)投資の高利回り高配当案件である
HYIP(ハイプ)案件の様々な状況をまとめていきます。

参照:HYIP(ハイプ)投資とは?意味と仕組み内容解説

hyipまとめ

(記事更新中)

HYIP的案件状況とまとめ【随時更新中】

HYIP的案件はABC順に並べています。

  • AD2PRO(アドツープロ)
  • 日本法人が運営の仮想通貨アービトラージトレードをできるシステム案件です。
    資金を投資するわけでなく、自分でトレードシステムを運用します。
    (2017年7月12日よりプレセール開始予定)

  • BIT CLUB(ビットクラブ)
  • ビットクラブはマイニングプールを個別購入できるHYIP的な案件
    マイニングの実績がある企業媒体で、期待値高い。

  • ビットリージョン(Bitregion)
  • 2017年6月22日現在:出金トラブル発生中
    マイクロバンク完全停止
    OTTOCOINのみ取り扱い可能も、バグ発生でほぼオワコン。

  • ビットモンスター
  • 2017年7月8日現在:出金トラブル発生中

  • D9クラブ
  • 2017年6月22日現在:出金トラブルで紛争中
    日本国内でも大々的に集客されていたため、報道テレビ番組ワールドビジネスサテライト等でも問題が取り上げられている。
    2017年7月7日あおい法律事務所により被害対策弁護団結成。

  • リッチモンドバークス(Richmond Berks)
  • One For All All For One (14o41)
  • オースコープ・インダストリー(Orscorp Industries)
  • トレードBTC(TradeBTC)
  • トレードコインクラブ(TCC)
  • winnex+
  • X-Binary(エックスバイナリー)
  • OZプロジェクト
  • 2017年7月8日現在:ヤバい匂いを感じ中(個人的見解)